メラニア夫人の衣装話題、ドルチェ&ガッバーナの豪華花柄ジャケット573万円

メラニア夫人の衣装話題、ドルチェ&ガッバーナの豪華花柄ジャケット573万円

トランプ米大統領の初外遊に随行しているファーストレディのメラニア夫人のファッションが訪問先で注目を集めている。

G7会期中に高級ブランドファッションで登場したメラニア夫人=AP

G7会期中に高級ブランドファッションで登場したメラニア夫人=AP

 主要国首脳会議(タオルミナ・サミット)会期中の26日、各国首脳夫人と交友を深める市内観光の場で、メラニア夫人が着用したのはイタリア人デザイナーのブランド、ドルチェ・アンド・ガッバーナの色鮮やかな花のモチーフに飾られたロングジャケット(小売価格5万1500ドル=約573万円)とこれにあわせたクラッチバッグ(同1630ドル)だった。下にはベージュのシンプルなワンピースをあわせた。
これに先立つ24日、バチカンでのローマ法王フランシスコとの謁見では、黒い長袖でひさ下丈のドレスに黒いレースのベールで頭を覆った姿を見せた。ローマ法王に室内で謁見する女性はベールで髪を隠す慣習があり、これまでもミシェル・オバマ前大統領夫人なども前例を踏襲してきた。
これを受け、ネット上では「なぜサウジアラビアで(頭髪を隠す)ヒジャブを着用しなかったのか」との疑問が飛び交った。ただ、サウジは外国特使の女性に黒いヒジャブの着用を要請しておらず、ホワイトハウスにも連絡はなかったという。


日本経済新聞 電子版
より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。