ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)繊細なボタニカルプリントで魅了

ボッテガ

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)繊細なボタニカルプリントで魅了

トーマス・マイヤー(Tomas Maier)が手がける「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」が2018年クルーズ・コレクションを発表。注目は繊細なボタニカルプリント

【5月25日 MODE PRESS WATCH】

(c)Bottega Veneta

深みのあるカラーバリエーションが印象的な今回のコレクション。ウィメンズのカラーパレットは、ダークネイビーやモスグリーン、バーガンディーやエスプレッソといったメインカラーを意外な色合わせで表現した。マイヤーは「同系色や、完璧なまでに合わさった色同士の組み合わせは一つもない」と、そのこだわり語る。素材はコットンのドリルやポプリンやジャージーニットなどで、なめらかなフォルムを生み出している。
さらにコレクションの核となったのは、ボタニカルプリント。野に咲く花や草原、蝶がそよ風に揺れる姿が、ドレスやスカート、バッグやブーツにもあしらわれ、30色以上が使われた複雑なプリントも多いという。
この新作についてマイヤーは「日が暮れるのが早くなり始めた頃に、お客さまが着たいと思うウェアを考えてみた。明るく元気の出る色が、夜が長くなるこの時期の気分を高揚させてくれるはずだ」とコメント。カラフルでありながら大人っぽい雰囲気を醸し出す色合わせ、そしてパンプスとソックスの一体感あるスタイリングなども、新たなトレンドとして要注目だ。

JIJI>COM(MODE PRESS記事) より引用

ボッテガ・ヴェネタについて

公式HP:http://www.bottegaveneta.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。