「エスカーダ」のデザイントップに「ハンター」ディレクター就任

「エスカーダ」のデザイントップに「ハンター」ディレクター就任

 

「エスカーダ(ESCADA)」のグローバル・デザイン・ディレクターに8月1日付で、ニオール・スローン(Niall Sloan)現「ハンター(HUNTER)」デザイン・ディレクターが就任する。スローン新ディレクターは6月16日付で現職を退任する。現職就任前はバーバリー(BURBERRY)に10年在籍し、「バーバリー プローサム(BURBERRY PRORSUM)」のウィメンズのヘッドデザイナーなどを務めていた。また、ダニエル・ウィンゲート(Daniel Wingate)「エスカーダ」前ファッション・ディレクターは1月に退任している。
スローン新ディレクターは「エスカーダ」の“楽しくて、大胆で、フェミニン”なヘリテージを賞賛しており、2018-19年秋冬コレクションの製作から参画。19年プレ・スプリング・コレクションから完全にデザインをコントロールする。
「ハンター」は同氏の後任について、じきに発表するとしている。
続きはこちらからWWD より引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。