Need Supp Supplyは、2017年の資金調達の第3ラウンド歓迎

元記事はこちらからRichmond BizSense より引用

One of Richmond’s fastest-growing retailers is wrapping up a busy 2017 with a fresh round of funding.

Need Supply Co. closed on a $1 million capital raise on Nov. 13, according to SEC filings, its third batch of fundraising this year.

The equity brings Need’s total capital raised in 2017 to $3.8 million. The fashion retailer raised $2 million and $800,000 in January and May, respectively.

The new investment comes from Cormack Capital, a group that owns popular backpack and accessory retailer Herschel Supply Co.

Need co-founder and CEO Chris Bossola said the company previously has received funding from Cormack and in 2016 the two together purchased Totokaelo, a Seattle- and New York City-based retailer.

Bossola said the latest round of $1 million will be used for several costs, including upgrading its new 60,000-square-foot fulfillment center in Sandston.

“We’re looking to build out a super-studio that’s capable of producing thousands of photos for (Need and Totokaelo),” Bossola said.

Need likely will need new and bigger office space in Richmond as well, Bossola said. It will double its employee headcount in Richmond next year from 75 to 150. Its offices are spread across its Carytown store, in Scott’s Addition and at the Sandston facility.

This year it landed on BizSense’s RVA 25 list of the region’s fastest-growing companies, boasting a 63 percent growth rate over three years.

While Need’s recently renovated brick-and-mortar location remains a staple of Carytown retail, Bossola attributed the recent growth to the company’s strong e-commerce operation.

リッチモンドで最も急速に成長している小売業者の1つは、忙しい2017年を新鮮な資金で回しています。

Need Supp Supplyは、今年の3回目の資金調達であるSECの提出書類に基づき、11月13日に100万ドルの資金調達を完了した。

資本により、2017年に必要資金が380万ドルに増加しました。ファッション小売業者は調達$ 2百万$ 800,000、それぞれ、1月と月に。

新しい投資は、人気のあるバックパックおよび小売店Herschel Supply Co.を所有するグループであるCormack Capitalからもたらされます。

共同設立者でCEOのクリス・ボッソーラ氏によると、同社はこれまでコルマックから資金を調達しており、2016年にはシアトルとニューヨーク市に拠点を置く小売業者トトカエロを買収した。

ボッサラ氏によると、サンドストンの新しい60,000平方フィートのフルフィルメントセンターをアップグレードするなど、数百万ドルの最新のラウンドがいくつかの費用で使われる予定だという。

「(Need and Totokaelo)のために数千枚の写真を制作できるスーパースタジオを建設することを検討している」とBossola氏は語った。

ボッソーラ氏によると、リッチモンドには新たなオフィススペースが必要になるだろう。来年のリッチモンドの社員数は75から150に倍増する予定です。そのオフィスは、Carytown店、Scott’s Addition、Sandston施設に広がっています。

今年は、地域で最も急速に成長している企業のBizSenseのRVA 25リストに上陸し、3年で63%の成長率を誇っています。

ニーズの最近改装された煉瓦と迫撃砲の場所は、Carytownの小売りの定番ですが、Bossolaは最近の成長が同社の強力な電子商取引業務に起因していると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。