「トミー ヒルフィガー」の“シーナウバイナウ”ショー、次の開催地はロンドン


「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、“SEE NOW,BUY NOW”ショー、「トミーナウ(TOMMYNOW)」をロンドンのラウンドハウス(Roundhouse)で、9月19日19時(現地時間)に開催する。このショーがロンドン・ファッションウイークの大トリとなる予定だ。
これまで、ニューヨークでは「トミーピアー(Tommy Pier)」、ロサンゼルスでは「トミー・ランド(TOMMYLAND)」と、ブランドの世界観を表現した会場を作り上げ、一般参加型の大規模イベントを開催してきた。
「『トミーナウ』のビジョンは、ツアー形式で世界中の新たな顧客にわれわれのショーと世界観を体験してもらい、グローバルなプラットフォームを作ること。今回のイベントもファッション、エンターテインメント、ポップカルチャーをミックスした、顧客が体験できるものにする予定だ。今回の秋コレクションは、私自身の1990年代のロックとグランジスタイルへの愛を表現した。ファッションと音楽の歴史が深いロンドンは次の『トミーナウ』のショーの開催地にぴったりだったんだ」とトミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)。
ロンドンの北西部、カムデンに位置するラウンドハウスは、ロンドンのロックンロールの歴史を支えてきた巨大なライブ会場。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)、ザ・フー(The Who)、ピンク・フロイド(Pink Floyd)、ドアーズ(The Doors)、ブロンディ(Blondie)、エルトン・ジョン(Elton John)もこの舞台に立ってきた。ラウンドハウスのウェブサイトによれば、メーン会場は最大1800人収容可能だ。
今回の秋コレクションではメンズラインの「ヒルフィガー エディション(HILFIGER EDITION)」も同時に発表する。同ブランドがウィメンズとメンズのショーを一緒に開催するのは2010年以来だ。さらに、ウィメンズラインの「ヒルフィガー コレクション(HILFIGER COLLECTION)」、次回で3度目となる、グローバルアンバサダーのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)とのコラボカプセルコレクション「トミー × ジジ(TOMMY x GIGI)」も発表する予定だ。
ヒルフィガーとジジは続く2シーズンも契約を延長しており、ジジは引き続き同ブランドのグローバルアンバサダーとして、「トミー × ジジ」のデザインを共同で手がけていく。
今回のショーで見せるコレクションは、「トミー ヒルフィガー」の店舗、公式オンラインストア、セレクトショップ、ソーシャルメディアだけでなく、3D画像認識アプリ「SNAP:SHOP」、同社がフェイスブックのメッセンジャーで展開する会話型AI「TMY.GRL」など、ありとあらゆる販路を駆使し、70カ国以上で販売する。続きはこちらから

WWD より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。