堀田茜がやってみた。ケイト・スペードで自分だけのスペシャルバッグがつくれちゃう♡

堀田茜がやってみた。ケイト・スペードで自分だけのスペシャルバッグがつくれちゃう♡

■自分だけのスペシャルバッグがつくれる、ケイト・スペード ニューヨーク“make it mine”


ケイト・スペード ニューヨークで、自分好みのバッグをカスタムできるスペシャルなサービスがあるの、ご存じでしたか?

その名もパーソナライゼーションプログラム“make it mine”。

いったいどんなものなのか、堀田茜ちゃんと一緒にさっそくトライしてきました♪

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム

 

このパーソナライゼーションプログラムは、ショルダータイプの「バーディ」かスクエアタイプの「キャンダス」の2種類からベースを選び、それぞれの色やフラップ&ラップ、ストラップやチャームなどアクセサリーをカスタマイズしていくというもの。

その場で簡単に組み立てられて、すぐにお持ち帰りできるのも嬉しいところ!

 

専用のワゴンには、カスタムのためのアイテムがずらり。これは見ているだけで迷いそう……!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム17

 

 

フラップとラップだけでもこのラインナップ! シックな色合いのスムースレザーからラグジュアリーなフランネル、フラワープリントなどの中から選びます。今のところ、一番人気は猫だそう。

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム14

 

ケイト・スペードならではのボウも気になる!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム15

出だしのベース選びから迷い始めた茜ちゃん。迷いに迷った末、「荷物がいっぱい入るから」という理由でキャンダスをセレクト!

ベースを選んだら、フラップとボディを選んでいきます。

ケイトスペードのオーダーに悩む堀田茜

次々と気になるラップを付け替えるうちに、だんだんスピードが速くなっていく茜。その手つきと目つきはもはやプロ!

ラップを決めきれないうちに、アクセサリーの付け替えストラップが目に飛び込んできました。

これがかわいすぎて、さあ大変!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム6

ここでもまた大いに迷います。

「ブルーラメのストラップに合わせるなら、ラップはボーダーがかわいい!」

と、さすがのセンスを発揮。

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム1

しかし、ここでどうしても気になるストラップが出現。フリンジ付きのカラフルなデザインがかわいい!

「このショルダーならボディは赤でもかわいい……どうしよう……」

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム7

悩みに悩んだ結果、ボーダーのラップに、ブルーラメのストラップショルダーを合わせることに決定!ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム12

最後に、チャームやステッカーを選びます。

チャーミングなモチーフがたくさん! こちらはシーズンによってどんどん変わるそう。

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム9 ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム8

「どれを合わせてもかわいい~!」 ひとしきり合わせた後、シンプルなチャームに。さすがのセンスです。

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム10

 

最後に、2016年のホリデイコレクションでデビューした「give it twist」プログラムのステッカーから、イニシャルをセレクト。

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム5
人気のステッカーは「#(ハッシュタグ)」だそう!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム4

ジャン! ステッカーを付けるとこんな感じ♪

ケイトスペードのオーダーバッグ完成

 

というわけで、大いに悩みつつも、茜ちゃんだけのIT BAGが完成!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム11

 

ボーダー×ネイビーの組み合わせで、これからの季節にぴったりな爽やかさ!

ケイトスペードのパーソナライゼーションプログラム13
「季節や気分に合わせてラップもショルダーも替えられるから、長く楽しめるし、何よりも自分だけのというところがやっぱり特別です」と、茜ちゃんも楽しんだ様子。

 

このスペシャルな体験は、限定店舗とkatespade.jpのみでの取り扱いだそう。

ぜひ、世界でひとつだけのバッグをつくってみてくださいね。

cancam.jp より引用

アパレル転職情報サイト「BRANDMATCH」

PR:このブランドの求人情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です