20年代のパリへ旅に出かける。ケイト・スペード、17年秋コレクションを六本木で発表 。

20年代のパリへ旅に出かける。ケイト・スペード、17年秋コレクションを六本木で発表 。

ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)2017年秋コレクションが、東京・六本木で2017年6月15日(木)に発表された。

 

今季ケイト・スペード ニューヨークは、1920年代のフランス・パリへ旅に出かける。古典から解放され、ファッションそのものに自由と新しさが舞い込んだ時代。新しいファッションを追い求めた当時の女性たちが憧れた、3人のキーパーソンがいた。

一人は、典型的な”フラッパー”スタイルの女優・ルイーズ・ブルックス。おかっぱヘアと神秘的なビッグアイを持った彼女は、服装・習慣ともに常識を破る現代っ娘。続くのは、アメリカ人ジャズシンガーのジョセフィン・ベーカー。夢を追いかけパリに渡った彼女は、”黒いヴィーナス”として愛された。そして最後に、エコール・ド・パリの画家キース・ヴァン・ドンゲンが描いたミューズ。大きなポピーの花をつけた女性像もまた、時代を象徴する人物である。

この3人のミューズを据えたシーズンルックは、ロマンティックなフラワーがキーポイント。大きく咲いたローズ模様は、プリントとなり、刺繍となり、スカートやニットを彩る。ブラックがベースの落ち着いた花模様は、繊細なレースと相性抜群。ロング丈のローズプリントドレスは、間にレースを差し込み、シックな中に可憐さを加えた。

彼女たちの”時代を先取る”スピリットは、デザインにも反映。メタリックカラーのプリーツスカートに花模様を差したり、定番デニムに刺繍をあしらったりして、ベーシックから距離をとる。チーターを飼っていた、そんな驚きのエピソードを持つジョセフィン・ベーカーを讃えて、ボンバージャケットもファージャケットもレオパード柄で統一した。

 

新作のバッグは、彼女たちの日常にヒントをもらって。ガールズトークに花を咲かせたパリのカフェがバッグデザインとして起用され、コーヒー片手に味わった甘いチェリーケーキもアクセサリーへと変化する。足元は華奢なハイヒールを揃えて上品に。ベルベットで仕上げたパンプスは、ドット柄ストッキングと好相性だ。

.fashion-press より引用

アパレル転職情報サイト「BRANDMATCH」

PR:このブランドの求人情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です