コスチューム ナショナル、新ディレクターに有働幸司と江角泰俊を起用を発表

「コスチューム ナショナル(CoSTUME NATIONAL)」が、新クリエーティブディレクターに「ファクトタム(FACTOTUM)」の有働幸司と「ヤストシ エズミ(YASUTOSHI EZUMI)」の江角泰俊を起用し、2018年春夏シーズンからブランドを本格的に刷新する。メンズを有働、ウィメンズを江角がそれぞれ担当する。

コスチューム ナショナルは、1986年にエンニョ・カパサ(Ennio Capasa)がミラノで創立。カパサは自身のブランドを設立前、「ヨウジヤマモト」で数年間アシスタントデザイナーとして働き、日本の文化や服作りから影響を受けるなど日本とも縁が深い。日本人デザイナーを新たに迎えることで、30年間にわたるブランドの歴史に敬意を払いながら、イタリアと日本の文化、テクノロジーやクラフトマンシップを融合させた新たなクリエーションでブランドを再構築していくという。

続きはこちらから

fashionsnap より引用

アパレル転職情報サイト「BRANDMATCH」

PR:このブランドの求人情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です